日本塑性加工学会 プロセス・トライボロジー分科会
JSTP Process-Tribology Committee


Last updated: 2017/10/13

[入会のご案内]


[Information] [分科会概要] [分科会規定] [過去の活動] [部会の紹介] [運営委員] [事業計画] [連絡先] [分科会委員専用ページ] [Link] [旧ホームページ]  [English]

Information
  • 第4回プロセス・トライボロジー入門セミナー (2017/11/28) について:案内 募集中
  • 第152回研究会 (2017/10/16) について(兼 第72回塑性加工技術フォーラム):案内 募集中
  • 第151回研究会 (2017/7/29) について(日本金属プレス工業協会と共催):案内 終了しました
  • 平成29年度総会・第150回研究会 (2017/5/29) について:案内 終了しました
  • 第149回研究会 (2017/3/22) について:案内 終了しました
  • 第3回プロセス・トライボロジー入門セミナー (2016/11/15) について:案内 終了しました
  • 第148回研究会 (2016/8/4) について:案内 終了しました
  • 平成28年度総会・第147回研究会 (2016/5/30) について:案内 終了しました
  • 第146回研究会 (2016/1/18) について:案内 終了しました
  • プロセス・トライボロジー入門セミナー (2015/11/12) について:案内 終了しました
  • 第145回研究会 (2015/8/28) について:案内 終了しました
  • 平成27年度総会・第144回研究会 (2015/5/18) について:案内 終了しました
  • 第143回研究会 (2015/1/19) について:案内 終了しました
  • プロセス・トライボロジー入門セミナー (2014/11/11) について:案内 終了しました
  • 第142回研究会 (2014/8/6) について:案内 終了しました
  • 平成26年度総会・第141回研究会 (2014/5/27) について:案内 終了しました
  • 第140回研究会 (2014/1/27) について:案内 終了しました
  • 第139回研究会 (2013/11/14) について:案内 終了しました
  • 第138回研究会 (2013/07/31) について:案内 終了しました
  • 平成25年総会・第137回研究会(見学付き)(2013/05/30) について:案内 終了しました
  • 第136回研究会 (2013/03/18) について:案内 終了しました
[トップへ戻る]
分科会概要
  • 【目的】
     塑性加工において,摩擦・潤滑・摩耗・表面損傷などに関するトライボロジー技術は,加工の限界を決めたり,加工法の可否を決定したり,あるいは効率やコストなどあらゆる面で重要な役割を占めつつある.また最近は高品質な表面特性の創成、環境の保全など新たな課題もかかえている.
     本分科会はこのような背景のもとで,より高いレベルでのトライボロジーの理論と技術の形成をめざし,大学や公的研究機関の研究者と各種製造業の研究者技術者が一堂に会して交流を深め議論する場を提供する.また各種の塑性加工法における個別のトライボロジー技術を深める方向と,加工法を横断的に眺めてトライボロジーとしての普遍性や相違性を明らかにし全体像を構築するという2つの視点を結合しながら活動を展開している.
  • 【歴史】
     1976年に河合 望教授(当時名古屋大学)らの提唱により発足して以来,4年を1期として現在第11期の活動にはいっている.これまでの主査は,河合 望(1〜4期),水野 高爾(5〜6期),中村 保(第7期),池 浩(第8期),堂田 邦明(第9期),土屋 能成(第10期),北村 憲彦(第11期),王志剛(第12期)である.
  • 【活動方針】
     年4回の研究会を開催する.うち2回は特定のテーマについて討論を中心としたもので公開研究会とし,あとの2回は工場見学を含み,関連の話題提供と討議を行うことを目標に掲げている.
     分科会の中での作業体制としては第7期より部会制を発足させ,第7〜9期では,潤滑機構研究部会,摩耗研究部会,環境部会(第8期に新設),鍛造データベース部会,情報データベース部会,国際交流部会の6つが活動し,第10期では,情報データベース部会,国際交流部会に活動を集中させた.委員は希望する部会に参加できる.
     また1989年度より年間活動報告書を発行し委員に配布している.また情報データベース部会では会誌「塑性と加工」での年間展望の継続的執筆のほか,塑性加工のトライボロジーの文献データベースを構築中であり(2009年11月現在約13000件),毎年アップデートした情報を委員に配布している.
  • 過去の活動
 
[トップへ戻る]
部会の紹介
[トップへ戻る]
運営委員 (2016年4月〜2020年3月)
主 査 王 志剛(岐阜大学)
幹 事 早川 邦夫 (静岡大学)
運営委員
小豆島 明(横浜国立大学) 池田 修啓(大同化学工業)
石橋 格(アイルブ) 後藤 勲(トヨタ自動車)
片岡 征二(湘南工科大学) 北村 憲彦(名古屋工業大学)
木村 茂樹(日本工作油) 小見山 忍(日本パーカライジング)
上村 秀人(出光興産) 谷口 幸典(奈良工業高等専門学校)
土屋 能成(岐阜大学) 堂田 邦明(North Western大学)
中村 保(静岡大学) 古谷 匡(日立金属)
松本 良(大阪大学) 丸茂 康男(熊本大学)
山下 実(岐阜大学) 渡邊 貴道(UACJ)
監 査 松本 良(大阪大学)
 
[トップへ戻る]
2017年4月〜2018年3月事業計画 New!!
総会および第150回研究会 平成29年5月29日 東京理科大学 トライボロジーセンター
第151回研究会 平成29年7月27日 機械振興会館
第152回研究会 平成29年10月16日 刈谷市産業振興センター
プロセス・トライボロジー入門セミナー 平成29年11月28日 名古屋工業大学
公開セミナー 平成30年1月(予定) 関西支部(予定)
「塑性と加工」(平成29年8月号)に年間展望「プロセス・トライボロジー分科会」を執筆
各部会活動
塑性加工のトライボロジーの文献データベースの構築
その他委員の希望に応じた事業を行う.
 
[トップへ戻る]
連絡先
  • 静岡大学 工学部 機械工学科
    プロセス・トライボロジー分科会 幹事(企画) 早川 邦夫
  • E-Mail: hayakawa.kunio[at]shizuoka.ac.jp([at]は@に変更して下さい.)
[トップへ戻る]
プロセス・トライボロジー分科会委員専用ページ
  • 分科会委員専用ページ(要パスワード)
  • 分科会委員専用ページには,塑性加工のトライボロジー文献データベース,「塑性と加工」年間展望データファイル,「塑性と加工」全巻目次データベース(2008年分まで),出版物情報等があります.
  • 分科会委員の方でパスワードを忘れた方,新規分科会委員の方は幹事(早川 邦夫)までご連絡下さい.
 
[トップへ戻る]
Link
[トップへ戻る]
本ホームページに関する問い合わせ先
  • 幹事:早川 邦夫(静岡大学)(hayakawa.kunio[at]shizuoka.ac.jp)([at]は@に変更して下さい.)
 
[トップへ戻る]


Copyright (C) JSTP Process-Tribology Committee. All rights reserved.